外部回路系との連成解析

コイルに接続する外部電気回路とコンデンサ、ダイオード等を含む外部回路との連成解析について説明します。

鎖交磁束ベースのモータビヘイビアモデル

ビヘイビアモデルとは,MATLAB/Simulink等で使用される非線形モータ素子を表します。高精度化を目的として,FEA結果をテーブルデータとして,モータ電圧方程式をベースとした非線形モータ素子内で使用する方法があり,ここでは鎖交磁束モデルによるビヘイビアモデルについて紹介します。

つづきを読む >

MATLAB/Simulinkとの連成解析

 EMSolutionは単体で電磁場解析と外部回路系、運動方程式との連成解析機能を有しています。EMSolutionとMATLAB/Simulink(MATLAB 7.10.0 R2010a)との直接連成解析ができるようになりましたので報告致します。 これはPSIMとの連成解析モジュールと同様に行えるもので、パワエレを含む電気回路や制御回路とFEMを直接連成して解析できるモジュールです。

つづきを読む >

EMSolutionにおけるREGION_FACTORと直列、並列回路

回路を全体モデルとして設定する際に,REGION_FACTORが使用できますが,Handbook等では説明が不十分だと思われますので,REGION_FACTORと回路との関連と,直列,並列回路として電流源,電圧源と接続する場合の設定方法について説明致します。 なお,REGION_FACTORは,以下のように考えるとわかりやすいと思われますので,これを前提として説明します。

つづきを読む >

シミュレーションツールPSIMとの連成解析 使用法

シミュレーションツール PSIMとの連成解析における使用法を示します。 なお、PSIMとの連成に使用するEMSolutionは実行モジュール(.exe)ではなく、Dll(Dynamic Link Library:.dll)となります。

つづきを読む >

NETWORK非線形要素のテーブル入力

EMSolutionの回路網NETWORKにおいて、非線形要素のI-V特性をテーブル入力できるようにしましたので、報告します。

つづきを読む >

Y結線と△結線

三相交流電源は、EMSolutionではCIRCUIT機能とNETWORKモジュールを用いて、有限要素との連成を行うことができますが、ここでは、CIRCUITよりも簡単且つ直感的に電気回路を設定できるNETWORK モジュールを使用して三相交流電源をモデル化する方法と、その際の注意点について説明致します。

つづきを読む >

時間依存の可変抵抗要素

NETWORKに時間依存の可変抵抗要素(VR)を追加しました。

つづきを読む >

電源入力方法

EMSolution r9.8.2での改良点について報告します。改良点は、以下の点です。 電源電圧のステップ入力 時間テーブルの周期的な繰り返し 可変時間ステップ

つづきを読む >

シミュレーションツール PSIMとの連成解析

ここでは、シミュレーションツールPSIMをEMSolutionと連成させた例を紹介します。

つづきを読む >

変圧器解析

変圧器は磁気回路を代表する電磁機器であり、交流電圧を昇降(電流を降昇)させる機器として知られています。ここではEMSolutionによる変圧器の解析例を示します。用途は異なりますが、リアクトルも変圧器によく似た構造をしており、解析方法も変圧器とほぼ同様となると思われますので、参考にして頂ければと思います。

つづきを読む >

三相回路におけるNETWORKとCIRCUITの設定

EMSolutionで電気回路との接続を考慮するためには,NETWORKとCIRCUITによる方法があります。NETWORKは回路図に書かれた回路素子や電源とその接続を入力データとして設定する方法であるため,直観的でわかりやすいと思われます。

つづきを読む >

お問い合わせ

こんなことでお困りではありませんか?

「使用用途と合っているかわからない」
「事例を詳しく聞きたい」
「予算の相談をしたい」
「使う前にいろいろ聞きたい…」

サイト内検索ができます。

知りたい情報が見つからない場合、こちらから検索できます。