電磁界解析ソフトウェアEMSolution

永久磁石モータのコギングトルク三次元解析

概要

ここでは、永久磁石モータのコギングトルクの解析を3次元で解析し、端部の効果を調べます。

解説

"二次元計算"二次元計算と同様に行うことができ、二次元解析に使ったデータpre_geom2Dとrotor_mesh2Dを、2D_to_3Dでz方向に拡張して用います。
ファイルinputでは、二次元の場合とほとんど同じです。2D_to_3Dによるz方向の拡張を指定します。Fig.1に磁場強度分布の角度による変化を示します。二次元の場合とあまり異ならず三次元効果は小さいと考えられます。ローターとステータの間で、若干端部で磁場強度が小さくなります。 Fig.2にトルクの角度依存性を二次元の場合もあわせて示します。若干トルクが端部効果のため小さくなることが解ります。実測値により近いものになっています。

この先は会員の方のみご覧いただけます。

既存ユーザのログイン