電流磁場ソース

コイルとして使用できる有限要素法ベースの電流磁場ソースについて補足説明します。

周期境界面における電流場解析

EMSolutionではPHICOIL,SUFCURおよびDCCURRをコイルやバルク導体として周期境界面をまたいで定義する場合,周期境界面に電流流入面をギャップ要素無しで定義して解析できるようにしましたので報告いたします。

つづきを読む >

バルク導体の直流電流場解析

PHICOILを拡張した電流磁場ソースDCCURRを追加しましたので,紹介いたします。DCCURRは定常電流場解析と同様の計算を行い,その電流分布をPHICOIL同様,入力電流分布として使用するものです。 電流分布計算機能としては,「定常電流場解析」と同等ですが,DCCURRは電流分布による磁場分布が計算でき,ジュール損,抵抗を出力できます。

つづきを読む >

電流磁場ソースの発熱量出力

コイルとして使用される電流磁場ソースは,COIL(外部電流磁場ソース)を除き電流分布を出力していました。この度,導電率を設定した場合に発熱量も出力するようにしましたので紹介いたします。

つづきを読む >

PHICOIL,SUFCURを使用したバルク導体のDC+AC定常解析

バルク導体は形状により電流が分布し,また交流磁場下では渦電流が発生します。 バルク導体の磁場ソースとして,PHICOILとSUFCURを用意しています。 ここでは,PHICOILとSUFCURを用いたバルク導体の直流(DC)解析と,直流に擾乱としてわずかな交流(AC)が重畳した定常解析方法について説明します。

つづきを読む >

SDEFCOILとPHICOIL

EMSolutionには電流ソースとして、SDEFCOIL(表面定義電流ソース)と PHICOIL(ポテンシャル電流ソース)があります。両者は機能的には良く似ており、ここでは、例題をを使い、その違いについて説明します。

つづきを読む >

周期境界におけるPHICOIL

EMSolutionの電流磁場ソースの一つであるPHICOIL(ポテンシャル電流ソース)は、コイルが複雑な形状であっても、導体断面に電流流入面を面要素として定義するだけで簡単に使用することができます。

つづきを読む >

ポテンシャル電流ソース(PHICOIL)によるループ電流

EMSolutionにおきましては、電気スカラーポテンシャルで表現されるポテンシャル電流ソース(PHICOIL)を備えていますが、従来、Bn=0面から流入しBn=0面に流出するコイルや、周期対称の面から流出入する電流が定義できました。今回、計算領域中でループするコイルをPHICOILで定義できるようにしましたので、報告します。

つづきを読む >

回転周期z反転対称性におけるPHICOIL

ここでは、回転周期z反転対称性の場合でのPHICOILの定義について説明します。

つづきを読む >

お問い合わせ

こんなことでお困りではありませんか?

「使用用途と合っているかわからない」
「事例を詳しく聞きたい」
「予算の相談をしたい」
「使う前にいろいろ聞きたい…」

サイト内検索ができます。

知りたい情報が見つからない場合、こちらから検索できます。