機能別

静磁場解析

静磁場解析について紹介します。静磁場解析は,渦電流が発生しないものとし、印可磁場や励磁電流が時間的に変化しないものとして扱います。磁性体の非線形特性や異方性も扱うことができ、磁場分布や電磁力、コイルインダクタンス等計算できます。また、種々な印可条件を多ステップ入力として解析することができます。
つづきを読む >

交流定常解析

交流定常解析について紹介します。交流定常解析は材料物性が線形で、交流磁場や電圧が印可されたときに行います。
つづきを読む >

過渡解析

EMSolutionの過渡電磁場解析について紹介します。静磁場解析や交流定常解析で用いた機能が、過渡解析でも使えます。また、線形および非線形に渡って解析が行えます。
つづきを読む >

境界条件と無限要素

有限要素法においては、通常有限領域をメッシュ分割し解析が行われます。一般的には、磁場が充分小さくなるところまで領域をとり、適当な境界条件を与えれば良いと言えますが、実際の解析においてどの程度まで領域をとり、どのような境界条件を与えれば良いか迷われることが多いと思われます。
つづきを読む >

電流磁場源一覧

EMSolutionには,磁場ソースの種類がいくつも存在します。この度,各磁場ソースの特徴や注意事項などをまとめました。各磁場ソースの特徴がよりわかりやすくなっていると思います。
つづきを読む >

NETWORKとCIRCUIT

EMSolutionで電気回路との接続を考慮するためには,NETWORKとCIRCUITによる方法があります。NETWORKは回路図に書かれた回路素子や電源とその接続を入力データとして設定する方法であるため,直観的でわかりやすいと思われます。一方,CIRCUITは回路の接続を独立な変数だけに整理し,その接続を行列で与えるため,直接解くべき回路方程式を表現するような方法となります。
つづきを読む >

変形運動解析

EMSolutionにおきましては、プランジャのような磁極間の距離が変わるような運動との連成解析では、周辺の空気領域の要素を変形させて解析を行います。変形位置を内そうするための二つのメッシュデータ( pre_geom., deform_mesh)を必要としました。この二つのメッシュは変形部の位置が異なるが、要素と節点のコネクションが同じである必要がありました。 このような二つのメッシュを作成することは難しく、特に三次元計算においては非常に困難なものでした。
つづきを読む >

スライド運動

ここでは、スライド面を使用した場合の解析例を紹介します。解析は直流場渦電流解析としていますが、静磁場、過渡、AC定常解析でも同様に使用できます。
つづきを読む >

時間周期問題の定常解への高速収束

時間的に定常解に収束することが解っている問題にも関わらず、過渡解析で定常解に達するまでに過大のステップが必要となり、計算が困難になることがあります。 ここでは、SD-EEC(Singularity Decomposition-Explicit Error Correction)法を時間周期有限要素法(Time Periodic FEM, TP-FEM)に適用することにより、大幅に改善されましたので報告します。
つづきを読む >

運動方程式との連成解析

EMSolutionではプランジャーの運動解析やプランジャ型電磁石およびヒンジ型電磁リレーの変形を伴う三次元解析で示していますように, 運動方程式との連成解析機能(Dynamic module)を用意しています。本機能は次式で示す運動方程式を解くもので,外力F(x, v)は数式入力でも与えられるものです。加えて,バネ定数は相対位置依存をテーブルデータとして与え,非線形バネを模擬することもできます。この度,質量についても同様にテーブルデータにて相対位置依存を考慮できるようになりましたので報告します。
つづきを読む >

直流場渦電流解析

直流場渦電流解析では、電気特性が一様な導体が一定速度で一方向に運動する場合や、あるいは回転している場合に、時間的に一定の磁場を加えた場合の定常状態を求めます。外部(励磁源に固定された座標系)から見ますと、磁場や導体に流れる渦電流は時間的に変動しないように見えます。一方、運動している導体に固定された座標系から見ますと、磁場が時間的に変動しており、このため渦電流が発生します。このような定常状態は、過渡解析を行うことによっても求めることはできます。
つづきを読む >

異方性磁気特性の解析

電磁鋼板は多くの場合、圧延方向(磁化容易軸)とその垂直方向の磁気特性は異なってきます。等方性といわれている材料においてもその特性は異なっています。最近、異方性特性の詳細な計測が行われるようになってきました。これに対応して、EMSolutionでも、計測データを元に解析できるように開発を進めてきました。
つづきを読む >

ヒステリシス解析(プレイモデル)

近年低損失な電気機器の開発に際し,鉄損をできるだけ正確に計算することが求められています。ポスト処理による鉄損評価方法は,磁性体の磁気特性を初磁化曲線として計算することから,容易に計算することが可能ですが,より高精度に計算するためには,磁性体のヒステリシスの影響を直接考慮する解析法が重要になってきます。
つづきを読む >

ギャップ要素を用いた解析

ギャップ要素は、導体の薄い絶縁層や磁性体の空気ギャップを模擬するために用います。例題を通じてギャップ要素の使い方を説明します。
つづきを読む >

磁化および電流の空間積分磁場

有限要素法においては、通常空間磁場は解析結果から有限要素の形状関数を内そうして求められます。 EMSolutionにおきましては、従来から、ポスト処理として、磁化の作る磁場を積分し、任意の空間点の磁場を求めることができました。
つづきを読む >

6面体要素メッシュによるCOIL(外部電流磁場ソース)の定義

EMSolutionにおきましては、インダクタンスが計算できる断面寸法を持つCOIL(外部電流磁場ソース)の定義の際、直方体(GCE)、矩形断面ループ(LOOP)および矩形断面円弧(ARC)の集合で入力する必要がありました。 この度、6面体のメッシュでCOILを作成したものを定義できる方法を導入しましたので、報告します。 以下、メッシュにより定義されたCOILをMeshed_COILと呼びます。
つづきを読む >
お問い合わせ

こんなことでお困りではありませんか?

「使用用途と合っているかわからない」
「事例を詳しく聞きたい」
「予算の相談をしたい」
「使う前にいろいろ聞きたい…」

サイト内検索ができます。

知りたい情報が見つからない場合、こちらから検索できます。