Tutorial(機能紹介)

EMSolution Tutorialにおいては、例題を通じて EMSolutionの機能と使用法を説明します。リンクされたデータファイルはそのまま EMSolutionの入力ファイルとして使用できます。メッシュ生成やポスト図形出力は、特に断らない限り Femap Neutral file formatを用いています。このため、他のファイル形式を用いる場合は、ファイル名および入力データの一部を変更する必要があります。また、説明を簡単にし、試計算を容易にするため、精度は度外視してモデルを小さくしています。

EMSolutionの機能と使用法に限らず、電磁場解析の手法や注意点等についても説明していますので、ご参考いただければと思います。

電流磁場ソース
コイルとして使用できる有限要素法ベースの電流磁場ソースについて補足説明します。
静磁場解析
静磁場解析を、EMSolutionで用意している電流磁場ソースの使用例を交えて説明します。磁性体の非線形特性や異方性を扱うことができます。
交流定常解析
磁性体を含まない線形材料での渦電流を含む正弦波交流定常解析を、電流磁場ソースの使用法を交えて説明します。
過渡解析
正弦波、もしくはそれ以外の条件での渦電流を含む過渡解析について説明します。磁性体の非線形特性や異方性を扱うことができます。
電磁力解析
電磁力解析手法である節点力法と、その注意点について説明します。ローレンツ力についても説明します。
直流場渦電流解析
導体が一定速度で一方向に運動する場合に適用できる直流場渦電流解析と、その解析例を説明します。
静電場解析
静電場解析について説明します。
低周波誘導電流解析
低周波で誘導電流が作る磁場が無視できるような系に有効な解析手法について説明します。
EMSolutionでの二次元解析
EMSolutionでは二次元解析を一層拡張した三次元解析として解析します。その説明と注意点について説明します。
ギャップ要素を用いた解析
非常に薄い空気ギャップを二次元面要素として模擬できるギャップ要素について説明します。閉ループのコイルを作成する場合にも使用されます。ギャップ要素は、導体の薄い絶縁層や磁性体の空気ギャップを模擬するために用います。ギャップ
非磁性薄板の面要素による解析
板厚の薄い非磁性体を二次元面要素として模擬できる非磁性薄板要素について説明します。磁気シールドや基板上の銅箔の解析に適用できます。
磁化および電流の積分空間磁場
ビオ・サバール則に基づく任意座標での磁束密度を求めることができる手法について説明します。
永久磁石モータの解析
永久磁石同期モータの解析例を示します。回転子はスライド法ですべり運動させています。
誘導電動機の解析
誘導電動機の解析例を示します。回転子はスライド法ですべり運動させています。
スライド法を用いた解析
メッシュを切りなおすことなくすべり運動を扱えるスライド法について説明します。
運動方程式と外部回路系を連成した電磁場解析
電磁力を外力とした運動方程式と外部回路を連成した解析例と、メッシュ変形を含む解析例を示します。
ヒステリシス解析
プレイモデルを用いたヒステリシス解析について紹介します。 本機能を用いると,静磁場,過渡磁場解析でダイレクトに非線形磁化特性とヒステリシスを考慮した解析が可能となります。
外部電流磁場ソースCOILを用いた解析
有限要素法とは独立に定義できる、ビオ・サバール則を基にした電流磁場ソースCOILについて説明します。
外部回路系との連成解析
コイルに接続する外部電気回路とコンデンサ、ダイオード等を含む外部回路との連成解析について説明します。
永久磁石、積層鉄心の取り扱いと鉄損解析
永久磁石の磁化入力法について説明します。 磁気特性、導電率の三方向独立異方性を扱うことができます。拡張機能である非線形二次元異方性磁気特性と、積層鉄心の考慮法である均質化法について説明します。 ポスト処理による積層鉄心の
収束特性改善、高速化手法
EMSolutionの機能である収束特性改善法と、高速化手法について説明します。
プレポスト機能
EMSolutionのプレポスト処理やインターフェースに関する機能について紹介します。
無限境界要素と境界条件
境界条件手法である無限境界要素と境界条件について説明します。
任意断面の磁束と電流の出力
ポスト処理として,任意断面の磁束,磁束密度の出力と通貨電流の出力機能について説明します。
お問い合わせ

こんなことでお困りではありませんか?

「使用用途と合っているかわからない」
「事例を詳しく聞きたい」
「予算の相談をしたい」
「使う前にいろいろ聞きたい…」

サイト内検索ができます。

知りたい情報が見つからない場合、こちらから検索できます。