EMSolution r12.0.6 をアップデートしました。

EMSolution r12.0.6 をアップデートしました。(2018/3/16)
以下よりダウンロードし,ご利用ください。

 

ダウンロード

 ・製品版ダウンロード(ユーザ向け)
 ・試用版ダウンロード(メンバー向け)

 

新機能

  1. 磁気特性モジュールを正式にリリースしました。
  2. これまでリリースしていた,以下の4モジュールをまとめて磁気特性モジュールとしてリリースします。

    磁気特性モジュール

    • 二次元磁化異方性モジュール(ANISOTROPY 2D module)
    • Jiles-Athertonモジュール
    • 永久磁石の減磁解析モジュール
    • 磁化特性(BHカーブ)と導電率の温度依存モジュール
    • *なお,ヒステリシスモジュールに磁気特性モジュールは含まれます。

     

  3. モータビヘイビアモデルモジュールを正式リリースしました。
  4. PMSMやSyn.RMに使用できる鎖交磁束モデルによるビヘイビアモデルモジュールを正式にリリースしました。
    MATLAB/Simulinkでの非線形モータ素子として使用できます。

    詳しくはこちら→鎖交磁束ベースのモータビヘイビアモデル

     

  5. 静電場解析で帯電誘電体を模擬できるようにEPOTSUFを機能拡張しました。
  6. これまで帯電モデルは導体の表面電荷として与えるのみでしたが,誘電体表面に表面電荷を与えて解析できるようにしました。

    詳しくはこちら→EPOTSUFの機能拡張

     

  7. EMSOJsonをプレリリースします。
  8. EMSolutionのoutputファイルに出力される物理量をJSONフォーマットとして出力する機能”EMSOJson”を追加しました。
    r12.0.6より,新たにoutput.jsonファイルが出力されます。outputファイルはこれまで通りの内容で出力されます。
    JSONフォーマットはPython等で簡単にデータ抽出や処理ができますので,是非ご利用ください。

    詳しくは,モジュールもしくはインストーラ添付のEMSOJson_ドキュメント(html)をご参照ください。

     

  9. その他改善項目
    • 時間変化関数の解析式にCOS式の位相を設定可能
    • TCYCLEの次にPHASE4を追加しています。直流重畳三相電流を模擬できるようになります。

    • 六面体と四面体の結合(QUAD_TRI)を2ポテンシャル境界で使用可能
    • 対応したことを示すために,t_r_interfaceに六面体と四面体の接合面が出力されるようになります。

    • CADASメッシュファイルの読み込みルーチンを改善
    • EMSIでのCADASメッシュファイルの読み込み対応に伴い,EMSolutionとEMSIでメッシュリーダーを改善しました。
      なお,EMSIではCADASポストデータファイルの読み込みには対応できておりません。

    • メッシュ作成単位UNITの拡張
    • メッシュ作成単位をµmとして作成し,「10. 入出力ファイル」のUNIT=2:µmとしてEMSolution内部でmに換算できるようにしました。

 

Bug Report

  1. COIL_FORCEのLOOP-の積分要素の電流方向分割数NDIV=1を再度修正
  2. COILのARCやGCEを遠方領域でFARCやFGCEに置き換えて計算するメッセージを一回のみ出力に修正
  3. post_geomの出力プロパティ指定機能NO_OUTPUT_MATSやSUF_OPTIONのギャップ要素の出力不備を修正
  4. 定常電流場解析時の等ポテンシャル面のエラーを修正
  5. r12.0.4でのスライド運動機能のバグを修正

 

続きを読む(*ログイン以降に閲覧可能となります)

ログイン
 ログイン状態を保存する  

お問い合わせ

こんなことでお困りではありませんか?

「使用用途と合っているかわからない」
「事例を詳しく聞きたい」
「予算の相談をしたい」
「使う前にいろいろ聞きたい…」

サイト内検索ができます。

知りたい情報が見つからない場合、こちらから検索できます。