post_geomファイルへの NO_OUTPUT_MATSの適用

出力ファイルオプションとしてNO_OUTPUT_MATSにて指定したプロパティのみポストデータのファイル出力を行うことができましたが, 出力メッシュファイル(post_geom)にも適用することができるようになりました。

NUMBER_OUTPUT_MATSに出力するプロパティ数,MAT ID NOSにプロパティを指定することで,指定したプロパティのみを出力メッシュファイル(post_geom)に出力することができます。

 例:

* POST_DATA_FILE * ELEM_OUT * NODE_OUT *NUMBER_OUTPUT_MATS *

       5           1           1            3

* MAT_ID_NOS *

    1 2 3

さらに,ポスト処理用メッシュデータファイルであるpost_geomへのCOILメッシュの出力有無のオプションCOIL_OPTIONも追加いたしました。

詳しくは==>COIL使用時のトータルと変形ポテンシャル境界面の出力機能

本機能は,r11.2.1(2014/09/02)としてリリースしております。

続きを読む(*ログイン以降に閲覧可能となります)

ログイン
 ログイン状態を保存する  

お問い合わせ

こんなことでお困りではありませんか?

「使用用途と合っているかわからない」
「事例を詳しく聞きたい」
「予算の相談をしたい」
「使う前にいろいろ聞きたい…」

サイト内検索ができます。

知りたい情報が見つからない場合、こちらから検索できます。