非対称行列での解析での非線形反復が収束しなかった場合の近似解の選定

非対称行列での解析MatrixAsymmetry=1において,非線形反復計算がNON_LINEAR_ITERATION回でも収束しない場合,それ までの残差の最小値をそのステップの解として次ステップに進むようにしました。本機能は,例えば二次元磁気異方性解析で MATRIX_ASYMMETRY=1とした場合,材料データによっては非線形計算が収束しないケースがあるため追加しましたが,上記判定条件で精度のあ る近似解が得られているか確認することを推奨します。

続きを読む(*ログイン以降に閲覧可能となります)

ログイン
 ログイン状態を保存する  

お問い合わせ

こんなことでお困りではありませんか?

「使用用途と合っているかわからない」
「事例を詳しく聞きたい」
「予算の相談をしたい」
「使う前にいろいろ聞きたい…」

サイト内検索ができます。

知りたい情報が見つからない場合、こちらから検索できます。