半周期性を利用した鉄損算出

時間周期問題の定常解への高速収束簡易版時間周期法による誘導電動機の定常解析でも説明がありますように,一般に同期機は半周期性が成り立ち,誘導機の場合でもステータ,ロータ毎に半周期性が成り立つと考えられます。

そこで,ポスト処理による鉄損算出でも半周期性を利用して鉄損算出できるようになりました。

詳しくは==>半周期性を利用した鉄損算出

本機能は, r10.2.5(2010/8/19)としてリリースしております。

続きを読む(*ログイン以降に閲覧可能となります)

ログイン
 ログイン状態を保存する  

お問い合わせ

こんなことでお困りではありませんか?

「使用用途と合っているかわからない」
「事例を詳しく聞きたい」
「予算の相談をしたい」
「使う前にいろいろ聞きたい…」

サイト内検索ができます。

知りたい情報が見つからない場合、こちらから検索できます。