非線形計算の収束条件として繰り返し計算過程での最大磁束密度変化分を設定

従来、非線形計算の収束条件として残差量(NON_LINER_CONV)を与えていましたが、繰り返し計算での最大磁束密度変化分(δBmax)を与えることができるようになりました。

詳しくは==>収束条件と解析精度

続きを読む(*ログイン以降に閲覧可能となります)

ログイン
 ログイン状態を保存する  

お問い合わせ

こんなことでお困りではありませんか?

「使用用途と合っているかわからない」
「事例を詳しく聞きたい」
「予算の相談をしたい」
「使う前にいろいろ聞きたい…」

サイト内検索ができます。

知りたい情報が見つからない場合、こちらから検索できます。