ポテンシャル電流ソ−ス(PHICOIL)によるループ電流

電気スカラーポテンシャルで表現されるポテンシャル電流ソース(PHICOIL)は、従来、Bn=0面から流入しBn=0面に流出するコイルや、周期対称の面から流出入する電流のみで定義できましたが、新たに、AC定常計算や過渡解析計算時に使用できるSUFCUR同様に、静磁場解析においても領域中でループするコイルをPHICOILで定義できるようになりました。

詳しくは==>ポテンシャル電流ソ−ス(PHICOIL)によるループ電流

続きを読む(*ログイン以降に閲覧可能となります)

ログイン
 ログイン状態を保存する  

お問い合わせ

こんなことでお困りではありませんか?

「使用用途と合っているかわからない」
「事例を詳しく聞きたい」
「予算の相談をしたい」
「使う前にいろいろ聞きたい…」

サイト内検索ができます。

知りたい情報が見つからない場合、こちらから検索できます。